後払いサービスの流れについて


後払いは消費者にとってはメリットが大きいですが、お店側にとってはリスクが高過ぎるように思えます。
しかし、債券回収業務はお店側が行うのではなく、決済代行会社が行いますのでお店側が債権を回収出来なくなるなどのリスクは発生しません。

後払いサービスの流れとしては、消費者から商品を注文を受けるとお店側は購入者情報を指定のフォームに入力して、決済代行会社からの与信結果の連絡を待ちます。

Yahoo!ニュースに関しての情報が閲覧できます。

この連絡は最短で5分程度で来ますが、過去の支払を行っていないなどの場合は審査に引っ掛かってしまい、後払いを利用出来ない場合もあります。

審査を通過すれば、購入者に対して商品を発送します。

商品が購入者の所に到着したことを追跡番号で確認出来れば、決済代行会社から商品代金がお店側に立替払いされます。

その後、購入者は郵送されてきた請求書で、決済代行会社に支払を行うことになります。



このようなサービスの流れになっていますので、お店側は債券回収不能となるリスクがありません。
しかし、サービスを利用するには決済代行会社に対して手数料を支払う必要があります。


幾つかのプランが用意されており、月額固定費が安ければ1件あたりの手数料は高くなり、月額固定費が高ければ1件あたりの手数料が安くなりますので、売上に応じて最適なプランを選択することが大切です。
消費者にとっては便利な決済方法ですので、導入して顧客満足度を高めることも売上アップには重要となります。

決済代行に関しての関心度が高まっています。


Copyright (C) 2016 後払いサービスの流れについて All Rights Reserved.